ホーム > 観光地(市町村別) » 別府市

別府市:ページ一覧


<別府市>八幡竈門神社

<別府市>八幡竈門神社

八幡竈門神社 拝殿写真:八幡竈門神社 公式サイトより仁徳天皇の治世(312年-399年)、日本武尊と神功皇后が西征した際に豊後国速見郡竈門荘亀山に行宮を営み、国常立尊、天照大御神ら33柱を祀ったことを

<別府市>城島高原パーク

<別府市>城島高原パーク

別府市の城島高原にあるテーマパークです。1967年に城島モートピアランドとして開園後、営業譲渡等の理由から、城島高原ファミリーパーク、城島後楽園ゆうえんちへの名称変更を経て、2012年より、現在の名称

<別府市>血の池地獄

<別府市>血の池地獄

血の池地獄は日本で一番古い天然の地獄(泉源・湯の池)です。地下の高温・高圧で化学反応を起こした「酸化鉄、酸化マグネシウムなどを含んだ赤い熱泥」が地層から噴出し、堆積するため池一面が赤く染まっています。

<別府市>別府ロープウェイ

<別府市>別府ロープウェイ

鶴見岳(標高1374メートル)の山麓(別府高原駅・標高約500メートル)と山上(鶴見山上駅・標高約1300メートル)を結ぶロープウェイです。1962年、当時世界初であった「101人乗りゴンドラ」で運行

<別府市>別府ラクテンチ

<別府市>別府ラクテンチ

1929年に開業し、戦前・戦後・経済成長期に国際観光都市別府の「ひとつの顔」として海外、県外、県内からの観光客に娯楽を提供してきた老舗テーマパークです。ジェットコースターなどのアトラクションと動物園が

<別府市>かまど地獄

<別府市>かまど地獄

竃門八幡宮(かまどはちまんぐう)の大祭で神前に供える御飯を、この温泉噴気で炊いていたことからこの名称がつきました。「かまど地獄1丁目」から「かまど地獄7丁目」でエリア分けされており、さまざまな湯の池(

<別府市>坊主地獄

<別府市>坊主地獄

1498年におきた日向灘地震によってできたといわれています。この地にあった延内寺という寺の地は裂け、熱泥が噴出し、寺は住職もろとも吹き飛ばされ、沈んでいきました。この地震後の大爆発で地中深くから熱泥が

<別府市>海地獄

<別府市>海地獄

約1200年前に起きた鶴見岳爆発によってできたといわれています。コバルトブルーで涼しげな海のようですが、泉温が98度もあります。園内には売店、足湯コーナーもあり、売店では「地獄蒸し焼きプリン」、そして

1