ホーム > グルメ  »  料理 > うれしの

うれしの

2021年8月 7日 06:08

kitsuki_ureshino.jpg
うれしの
写真:ツーリズムおおいた 公式サイトより

昔、杵築城の殿様が料理屋(現:若栄屋)で鯛茶漬を食べて「うれしいのう」と口にしたことが、名前の由来とされています。厳選した胡麻をすり、しょうゆ等とあわせ、胡麻タレをつくり、その胡麻タレに「新鮮な鯛の切り身」を漬け込み、それをごはんにのせ、熱いお茶をかけます。現在、16代目となる若栄屋では、ダシをかけず、熱いきつき茶をかけて提供し続けています。若栄屋にレシピは一切残っておらず、胡麻タレは「一子相伝」で、タイミング、調合の技が肝心です。若栄屋はコミック「美味しんぼ」で紹介されたこともあります。「うれしの」は「九州クルーズトレイン ななつ星」の昼食としての提供実績もあります。






宿泊地別旅行検索
重要:検索および検索結果の航空会社・ホテル・宿泊プラン等は、このページのニュース記事・その他に関連しているとは限りません。検索結果に表示される航空会社・都市・ホテル名・宿泊プラン名・内容を必ずご確認のうえ、予約におすすみください。
じゃらんパックで
おんせん県おおいた
旅行検索
航空会社
発着空港

↓↑
大分空港
宿泊エリア
往路
復路
大人

*お子様(12歳未満)がいらっしゃる場合、ここで「大人の人数」を入力し、「じゃらんパック」に移動後、ページ内STEP2で「人数」「宿泊条件」を入力後、再検索してください。
部屋数

*お子様(12歳未満)がいらっしゃる場合、お子様を含めた旅行者数全員に必要な室数を選択してください。

■複数のお部屋をご利用になる場合、1回の操作でご予約可能なケースは「全てのお部屋のご利用人数が同じ」且つ「全てのお部屋の旅行代金区分人数が同じ」である場合に限ります。
■ 上記以外は、複数回に分けてご予約ください。
<複数回に分けてご予約いただくケース>
例1: 大人5名参加で2部屋の場合→ 「3名で1部屋の予約」 「2名で1部屋の予約」 の2回に分けてご予約ください。








キーワード